静岡市内唯一!元カワサキ社員のカワサキ正規取扱店。カワサキバイクの修理・新車&中古車販売・メンテナンス。
 

スタッフ

代表あいさつ

ケイエスマルオート代表の斉藤篤です。

良いお店作りに日々励み、ツーリングやメンテナンス等のイベントも不定期開催しています。

バイクはレジャー商品、有っても無くても生きて行けます。
でも そのバイクに乗ると、メッチャ楽しい乗り物です!
人生の潤いのために、バイクを買っていただいたお客様には、出来る限りのことを死に物狂いでいたします・・・
そりゃもう必死です。
大切なお客様の「最高の笑顔」これが一番の報酬デス

23年間「メーカー」であるカワサキモータースジャパンに勤務。
その間の経験が、私の財産とセールスポイントです。
バイクのメンテナンスが得意技、中・大型車の修理なら何でもお任せ下さい。
特に、カワサキのキャブレターモデルの経験が豊富です。

経歴

1985年にカワサキに入社して以来、ほとんどの間「サービス」と呼ばれる仕事をしていました。
メーカーのサービス部門という所は、普通の修理ではなく、いわゆる「新車クレーム」が発生したときの修理などが、担当職務でした。

普通のバイク修理工場のメカニックさんがどうやって直したらいいか修理方法を聞いてくる部門です。
またどうしても直せない修理はメーカーに送られてくるのですが、その部門だったのでそこで直せないものはもう直せないと判断されます。
そこに長く勤務しておりましたので、少なくとも普通のメカニックよりは腕に自信はありますし、頭の中に入っている情報もかなり多いです。

現在のメーカー販社では、基本的に整備作業を行う事は無く、基本的に販売代理店の教育や情報提供、品質情報収集を行っています。

僕は、四気筒大型車のミッションギア交換は、かなりの数の作業をさせていただきました (^_^;)
今思えば、全部いい経験でした。
カワサキには、とても感謝してます。

カワサキ時代は転勤も有って、勤務地は、東京の大田区・浜松・松本・東京の足立区・大和市・練馬のバイク屋さんに出向・大和市・東京の中野区と何回か変わりました。
僕が静岡に引越ししてきた頃と同じ時期に、山田さんのお店の従業員さんが独立されて 修理対応が手薄になった期間が有りました。

その時に僕は、時々週末だけ整備のお手伝いをするようになりました。
これも「縁」ですね。
その頃から山田さんは、「お前、あと十年後にこの店を継いでくれないか」と冗談めいて言って来るようになりました…

「あなたの専門店」ケイエスマルオート

お客様とオートバイの付き合い方は、人それぞれ違って当たり前ではないかと思うのです。
お客様それぞれの、ご希望や考え方に出来る限り合わせた、商品やサービスの提供を行いたい・・・
それが当店のお客様とのお付き合いの基本スタイルです。
カワサキ専門店である前に、お客様ひとりひとりに「私の専門店」と思っていただけるバイクショップを目指します。

そのためには、お客様との対話がとても大切だと考えてますので、ご来店いただいたお客様には、できる限り積極的に声をかけさせていただいております。
ですからお客様の方からも内容は気にせずに、何でも遠慮なく、お声かけ下さい。

人間にしかできない柔軟な対応で、出来る限りお客様のご希望を叶えるように頑張ります。
その結果、お客様と当店がお互いに幸せを感じ取れれば、いい仕事ができた証になります。

代表 斉藤 篤 (二級自動車整備士)

PAGE TOP